洗浄メンテナンス

近年のプラントを含む様々な設備傾向として、従来のような大型化一本化の流れだけでなく、小型化、精密化、分散化など多種多様性の流れが進んでおり、これまでのような一本化の洗浄技術だけでは対応できなくなってきております。このような設備の多様化の流れは、設備の形状だけにとどまらず、未知の汚染物質へのアプローチにつながり、これは材料の腐食・防食などの新しい未知の課題発見とつながっていきます。すなわちこれらの新しい課題の早期発見と解決することは、プラントをはじめとする設備の健全性を保ち安全性を確保するという意味も含めて極めて重要なことといえます。 またこれらの課題発見すると同時に、解決方法が求められます。レア株式会社では、化学洗浄について劇物を含まず安全性の高い洗浄剤について、PH 0.6~13の範囲でアプローチを可能としており、環境的な二次被害について影響が小さくできるという特徴を持っています。

お客様

plant01 ・石油化学コンビナート・製鉄関連等のプラント保全関係者様 ・食品工場関係者様 ・ビル・商業施設・モールの防災関係者様 ・マンション管理組合様  他

事前調査

plant02 ① 設備図面の確認 (設備の仕様・概略、など確認します。) <キーワード> 設備の仕様・概略、現地調査プランニング ② 事前現地調査 (設備の現状を目視レベルで確認します。) <キーワード> 事前調査、現状調査、材料調査、設備形状 ③ 現地調査の結果報告 <キーワード> 事前調査、現状調査、材料調査、設備形状 ④ 洗浄プランのご提案・試算 <キーワード> 洗浄剤、洗浄方法、循環洗浄・浸漬洗浄・スプレー洗浄・ペースト洗浄、 ドライアイス洗浄、タンク洗浄・高圧ジェット洗浄・トルネード工法など

洗浄システム

plant05① 洗浄対象物調査 (詳細な設備の仕様を確認します。) <キーワード> プラントの仕様・材質、流体の性状・温度、運転状況、過去の洗浄実績 ② 付着堆積物調査 (現状堆積物を確認します。) <キーワード> 成分・組成分析、付着料・厚み測定、溶解性・有害性調査、溶剤の選定・溶解試験、母材防食の検討試験 ③ 洗浄方法の策定(洗浄方法を決定します。) <キーワード> 洗浄剤の選定 酸・アルカリ、ドライアイスなど、循環洗浄、浸漬洗浄、スプレー洗浄 ④ 洗浄工事(洗浄工事を決定します。) <キーワード> ポンプ等の運転操作、薬液調整、洗浄液の化学分析、洗浄処理の終点判定、洗浄廃液処理および水質分析など ⑤ 検査・報告(洗浄工事を決定します。) <キーワード> 目視検査、スケール除去量の算出、テストピースによる腐食量算定、処理排水の水質確認、データ整理報告書作成

Top